健康と家庭

【社交不安障害(社会不安障害)】人前で話すことが苦手なあなた。それは「社会不安症」というものかもしれません。

学校や会社で、朝礼や発表が順番にまわってくる。それが何よりも嫌で、耐えがたい苦痛を味わっている。人は好きだし、ただのおしゃべり下手じゃない。それってあがり症?訓練しないと治らないの?・・・社交不安障害かもしれません。

社交不安障害/社会不安障害とは?

SAD(Social Anxiety Disorder)

直訳:Social:社会 Anxiety:不安 Disorder:障害

日本語訳は、2008年「社会不安障害」から「社交不安症/社交不安障害」に変わりました。

(2008年日本精神神経学会の精神神経学用語集より表記変更)

どのような症状ですか?

ある特定の状況や人前で何かをする時に、緊張感が高まり強い不安や恐怖を感じ、次第にそのような場面を避けるようになります

誰でも緊張はするが、社交不安障害となるのは、「相当な苦痛となる。または生活に重大な支障がある場合」とされています。

社交不安障害は、コミュニケーションがとれるので、ご本人も周りの人からも「性格だ」と思われていることが多く、病気だと理解されにくいところがあります。

人間関係が苦手ではない方が多いです。

ただのあがり症だと思って、自己啓発本とか無駄に沢山読みました。

でも全然克服できませんでした。

誰にも理解されず、無理にやらされました。

精神的に追い詰められました。

セルフチェック

下記のことに強い不安や苦痛を感じます。

  • スピーチすること
  • 会議などで発言すること
  • 人前で自己紹介すること
  • 朝礼で発言すること
  • 人前で電話をとること
  • 人前で文字をかくこと
  • 人前で本読みをする
  • 複数の人の視線を感じる
  • ピアノや学芸会などの発表会
  • 皆が着席している部屋に入ること
  • 授業や集まりで、発言を求められること
  • 注目をあびる行動
  • 会食

周りには「慣れだからがんばれ」と何度もやらされて、耐えきれず会社をやめました。

強い不安や緊張に伴い、身体になんらかの症状が出ます。そして、社会生活に障害が出てしまう(退職・退学・欠勤など)がある場合、社交不安障害と診断されることがあります。

うつ病の合併も多く、不安や緊張を紛らわすためにアルコール依存におちいる場合もあるようです。

原因

社交不安障害の原因はまだ明らかにされていません。一説には、脳の神経細胞に情報を伝える神経伝達物質のセロトニンやドーパミンなどの機能障害のため、強い不安が生じると考えられています。

治療できるのか

治るのでしょうか?

「薬とカウンセリング」で改善することが可能だそうです。

SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)という薬がとても有効だということです。

そして、特に緊張する場所に行かれる際に、一時的に緊張を抑える薬もあるようです。

まとめ

おそらく、自分で場慣れなどしない限り治らないと思い込んでいる人が多い。病名がつくことすら知らない人も多いでしょう。

同じことでずーっと悩んでいましたが、もし治るなら、治したいです。

病院で相談して「社交不安障害」と診断されると、下記のような選択肢が増えます。

  • カウンセリングと薬の力をかりて、弱点を克服する。
  • 診断書をもらって、休職することができる。
  • 診断書をもらって、人事部に所属など配慮してもらう。
  • 診断書をもらって、上司に仕事の分担を配慮してもらう。
  • 退職する理由にして、退職しやすくなる。

治すことができたら一番いいですね。もしすぐ治せなくても、今の苦しい状態を回避できると思います。

得意なこと、苦手なことは人それぞれ違います。「全部同じようにできないといけない」なんということもありません。

そして、特に必要としない弱点を克服する為に、貴重な時間を無駄に浪費する必要もないと私は思います。

苦手なことを克服するまでに使う時間は、苦手としないものを克服する時間の数百倍、数千倍かかります。人生の大半をそれに取り込まれてしまうことすらあります。

「そんなことに時間を使うなら、得意なことを伸ばすことに使いたい。」と私は思っています。

不安に支配される時間が減り、得意な能力を伸ばして、自分らしい生き方ができますように!

ABOUT ME
アニー
のんびりいきましょう。
関連