ITプチドリル

【Windows11】Windows10からアップグレードする方法

【2021年10月5日】Microsoftは、新OS「Windows 11」を日本でも提供を開始しました。さっそく、やってみました。

はじめに

Windows 11、日本でも提供開始(ImpressWatch 2021年10月5日)

 Microsoftは、新OS「Windows 11」を日本でも提供を開始した。米国時間の5日に公開されることが発表されていたため、日本での具体的な公開時間は不明だったが、世界各国のタイムーゾン毎に公開が開始されたため、日本でも5日から利用できるようになった。

ImpressWatchより

 Windows11が出ましたね。昨日から、10からアップグレードできるようになったようなので試してみます。まず、使っているPCで、Windows11が実行できるか確認します。

アップグレードできるかの確認

設定

❶Windowsボタンを押して、❷設定をクリックする。

更新とセキュリティ

更新プログラムのチェック。

「このPCは現在、Windows11のすべてのシステム要件を満たしていません」とでました。

ガビーン!

※「更新プログラムのチェック」よりWindows11のHPから「正常性チェックアプリ」からのチェックの方が良いそうです。

要件を満たしている場合

要件を満たしている場合は、下記のような画面がでますので「Download and install」ボタンを押す。

すすめていきましょう!

要件を満たしていない場合

どこの要件を満たしていない場合かチェックする

「このPCは現在、Windows11のすべてのシステム要件を満たしていません」の右にある「PC正常化チェックを受ける。」をクリックして、Windows11のHPから「互換性チェックアプリのダウンロード」をする。

「インストール」

「完了」します。(デスクトップに追加しといた方がよかったなと思っています)

アプリが開くので「今すぐチェック」を押す。

どこがサポートされていないか出ます。下記の場合は、CPUがサポートされていないようです。全ての結果を表示すると、他のところはOKになっていました。

あーもうだめだー!アップグレードできないんだー。

否!!!諦めることなかれ!

まだアップグレードの実施期間中で2022年まで継続する予定だそうです。お使いのPCに対してバックグラウンドでテストと検証を行い、アップグレードの対象となるかどうかや、いつ可能になるかなどの情報が「設定の更新とセキュリティ」に表示されるとのことです。」

まとめ

まだWindows11にアップグレードするチャンスは残ってます!!もう少し待ちましょう!

デバイス毎の互換性が確認されてからアップグレードが提供されるため、手持ちのPCによってタイミングは異なるそうです。

 CPUがアウトでしたが、「Intel Core7」でもできなかったので、できる方がまだ少ないのかもしれません。

よかった〜!!

ABOUT ME
アニー
のんびりいきましょう。
関連