健康と家庭

【HSP】ハイリー・センシティブ・パーソン(Highly Sensitive Person)とは?

生まれつき感受性が非常に強く、繊細で敏感な人。「繊細さん」と呼ばれ最近話題となった。

HSP(エイチエスピー)とは

ハイリー・センシティブ・パーソン(Highly Sensitive Person)のことで、生まれつき感受性が非常に強く、繊細で外からの影響を受けやすい人のこと。

特徴的な4つの性質

  1. (Depth of Processing)
    簡単に結論の出るような物事であっても、深くいろんなプロセスを考え込んでしまう。
  2. (Overstimulation)
    刺激に対する反応に敏感で、疲れやすい。
  3. (Emotional response and empathy)
    共感性が強く、他人との心の境界線が薄いので、相手の感情の影響を受けやすい。
  4. (Sensitivity to Subtleties)
    他人が気づかない音や光、匂い温度など、些細な刺激にすぐ気づく。

具体的な特徴

  • 環境の変化に敏感
  • 人の感情の変化に敏感
  • 音に敏感(咀嚼音、生活音、鼻息音、口から出る音、ため息、足音、キーボードを叩く音、雑音)
  • 痛みに敏感
  • 肌触りに敏感
  • 光に敏感
  • 匂いに敏感(口、肌、服、頭皮、食べ物、動物、ゴミの匂いなど)
  • 視覚的に苦手なものに敏感(ホラー、アトピー、ブツブツ、注射など)
  • 安全なプライベート空間に逃げ込みたくなる
  • 妄想にふけりやすい
  • お腹が減ると不快になる
  • 競争させられたり、観察されると異常に緊張する
  • 周りに合わせすぎて疲れやすい
  • 断れない
  • 刺激が多いと集中できない
  • 周囲の問題が把握できる
  • 自分と同じ感覚でないと嫌いになる
  • 驚きやすい
  • 不安を感じやすい
  • 美術や音楽に深く心動かされる
  • デリケートな香りや味、音、音楽などを好む
  • ささいなことに動揺する
  • 内気に見られる
  • 落ち込みやすい
  • 共感しやすい
気になる・・

どれぐらいの割合でいるのか

程度の違いはあれ、2割ぐらいはいるのではないかと言われている。

まとめ

 外見では判断できないため、他人には理解してもらえないことが多い。それゆえに、苦しい思いやを感じることが多くあり、生きづらさを強く感じてしまうことになり、鬱病に発展してしまうことも少なくないようです。

 とても敏感なのである意味才能です。アーティストや小説家などに多いのではないかと思います。

 病気ではないので治療はできないですが、受け入れて、自分にとって過ごしやすい環境を選んで生きることが大事です。合わない人とは無理に付き合う必要もないので距離をとるなど、自分らしい生活を心がけましょう。

 居心地の良い自分のスペースを作りリラックスできる空間を作ったり、好きな香りのアロマや、サングラス・好きな音楽を持ち歩くなど工夫してみましょう。

ABOUT ME
アニー
のんびりいきましょう。
関連